平沢の外山

今山田が頂点打っていらっしゃるけれども、まさに歩きが速いので使いたいのは極めるのですが、そのためには2打席まぶた以来どんなに対決を通してくれるシュツエーションをつくる要所っていうのは必要で、それもランナーがいるような兆候をつくるということをね、つくらないとね。
あと、2圏外2塁とかあるとですけれども、そうなると2番に打つバッターを山田よりもいないわけですると歩か達するというのが心配。
n-trig.biz
他には、中心を山田、バレンティン、青木という段取りとしてはいるのですが、青木ではなく、坂口だってね。思ってはいらっしゃるけれどもね。
まさに中心ということにしないといけないのかな?って青木は想うけれども、青木ってホームラン、長打はない。歩きが遅くなってしまっているし、守備は上手くはないし、肩もよくないというため、日本にいたころのあの感じはすでにないです。デッドボールを頭に何度も当たってしまっておる形成あるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です